磯子区の支援活動

7月度・磯子区の支援活動

7月16()磯子区ケアプラザでフードパントリーを開催し、26家族13名のお子さんの参加がありました。
お米、パンや缶詰、牛乳等が入った紙袋、選べる食品、野菜、冷凍食品の唐揚げ、化粧品等の日用品が並びました。 

NPO法人セカンドリーグ神奈川様よりご提供いただいた野菜は、トマトやきゅうりなどのいつもの野菜に加えて水菜やほうれんそう、葉ねぎなどの葉物野菜が多く並びました。フルーツ類は今が旬のブルーべリーやデラウェア、バナナ、りんごなどがありました。
少量多品種なため参加者全員へ均等にお配りすることが出来ませんが、少しでも喜んでいただければと思いながらコーナースタッフは配り方を工夫しております。

お米は、農林水産省からの交付分をお子さんお一人に1袋づつと、磯子区在住のK様からご寄付いただいた島根産コシヒカリ1袋をお渡しすることが出来ました。「子どもが夏休みにはいるのでお米のご寄付やおかずになる冷凍食品のからあげなどはありがたい」という声もいただきました。 

そして今回、株式会社ポピイラーク様より新品の衣料品をご寄付頂きました。これからの夏に着やすいカジュアルシャツ類を何種類も並べ、同社社長さん自らが洋服選びのアドバイスをしてくださいました。ありがとうございました。

連日の雨もあり会場内はゆったりとした時間で進みましたが、先月までケガをしていたお子さんが回復して元気な顔を見せていただいたり、小さいお子さんが自分の好きな野菜を選んでいたり、参加者の方から「ありがとうございます」の声をいただくなどスタッフも元気を貰いながら活動を続けていく事が出来ています。

たくさんの方のご寄付やご支援に支えられて本日も無事に終了することが出来ました。皆様ありがとうございます。参加され方も大変お疲れさまでした。

準備が整った会場の様子

野菜と果物のコーナー

新品衣料品のコーナー

6月度・磯子区の支援活動

618日(土)磯子区ケアプラザでフードパントリーを開催し、27家族14名のお子さんの参加がありました。 

お米、パスタや缶詰、飲料等が入った紙袋、選べる食品、野菜、冷凍食品の唐揚げ、洗剤等の日用品が並びました。
NPO法人セカンドリーグ神奈川様よりご提供いただいた季節の野菜は、アスパラガス、ブロッコリー、玉ねぎ、じゃがいも、トマト、柑橘等。本日はいつもより多くのお野菜がありました。「お野菜や果物は嬉しいです」と参加者の方々が笑顔で選ばれる様子に、私たちは元気のビタミンをいただいています。 

横浜セレモ(株)の皆様がお米150kgとたくさんの日用品のご寄付を会場にお届けくださいました。ひとり親さんたちに必要な物をと温かなお気持ちをお寄せいただき、心から感謝いたします。 

今回もご寄付いただいた衣料品はサイズごとに分けて展示しました。衣類はその状態、各自の好み、サイズ等なかなか難しいと感じています。ご寄付いただいた方々のお気持ちを届けたくて、参加される方達と一緒に似合いそうなお洋服を探したりもします。「これもいただいていいんですか、大切に着ます」と、提供して下さった方と参加者の方との気持ちが通じるような言葉にほっとしたり嬉しかったりしています。 

梅雨のじめじめとした中での開催で気持ちも体調も落ち込みそうでしたが、会場には穏やかな時間がゆっくりと流れていました。コロナ禍でもあり、時間を区切っての来場のため会場内は少人数で、いくらかの会話も楽しみながら過ごしていただけていた様に思います。

皆様の温かいご支援のお陰で本日も無事に終了致しました。有難うございました。

袋詰め準備作業

サイズ別に並べた衣料品

会場全体の様子

5月度・磯子区の支援活動

5月21日(土)磯子区ケアプラザでフードパントリーを開催し、30家族15名のお子さんの参加がありました。 

お米、パスタや缶詰、お菓子等が入った紙袋、選べる食品、野菜、冷凍食品、洗剤等の日用品が並びました。
今回は通常お配りするお米の他に、ご寄付により購入したお米を1家族1袋ずつお渡しすることが出来ました。パルシステム市民活動応援プログラム賛助金をお寄せくださった皆様に厚くお礼申し上げます。
また、NPO法人セカンドリーグ神奈川様よりご提供いただいた野菜はミニトマト、ニラ、玉ねぎ、じゃがいも等、果物は甘夏やりんご、珍しい河内晩柑などもありました。

これまでご寄付いただいてきたたくさんの衣類も提供出来ました。子ども服はサイズごとに分けて選びやすいように展示しました。お気に入りの服を見つけたお母様とお子様は嬉しそうでした。素敵に着ていただけると思います。

本日は、助成金をいただいています生活協同組合パルシステム神奈川様が、活動の様子の見学のため来場され、長時間にわたり熱心にご覧いただき多くのご相談をさせていただきました。

フードバンクの活動に興味をもち、実際に浜っ子南のボランティアとして活動してくださる大学生や高校生等の若い方も多くなりました。開場準備の搬入や仕分け作業に従事するだけでなく、参加者には温かい対応をしてくださいます。興味はあっても実際に行動に移すことはなかなか出来ることではないと思います。これからの日本、世界を担っていく若者たちの清々しい姿は明るい希望です。

本日も無事に終了することが出来ました。皆様有難うございました。

紙袋詰め作業の開始

ご寄付のお米と自由に選べる食品5点

選べる提供品を選択中の参加者

2022年4月度磯子区の活動報告

416日(土)磯子区ケアプラザで第15回フードパントリーを開催し、27家族10名のお子さんの参加がありました。 

パスタやソース、缶詰等沢山の食品が入った紙袋、お米、選べる食品、野菜、冷凍食品(本日は醤油味唐揚げと大分の鶏天でした)、様々な日用品などが並びました。

野菜はミニトマト、サツマイモ、茄子、人参等、果物はリンゴやデコポン、珍しいミニミカン等をセカンドリーグ神奈川様からご提供いただきました。出来るだけ平等になるように小袋に分けて提供する物もあります。野菜や果物は「これが好き」とお子さんが嬉しそうに選ぶことも多く、楽しそうな声が聞かれます。

体調不良のお母さんに代わって、食品を受け取りに来てくれる大学生のお子さんもいます。おばさん達とは口を利きたくない年齢かもしれませんが、きちんと挨拶をして少し会話もしてくれます。色々な経験をして、それを生かして健やかにに成長されているのが嬉しく、大きく羽ばたいてねと心の中でエールを送りながら後ろ姿を見送りました。

本日は横浜市資源循環局3R推進課の方が活動の様子を見学くださいました。また、新しいお仲間として運搬ボランティア3人を迎えることができました。

沢山の方のあたたかいお気持ちやご支援によって、本日も無事に終了することが出来ました。有難うございました。

野菜と果物が並ぶコーナー

沢山の種類が揃った日用品のコーナー

参加者が入った会場の様子

お問い合わせ