ホームパントリー活動の報告・2023年度戸塚区2の支援活動

戸塚区2の支援活動

2024年度2月度・戸塚区2の支援活動

225日(日)フードパントリーを「こよりどうカフェ」で開催しました。冷たい雨のなか17家族9名のお子さんが参加されました。

今日も、お米、レトルト米飯、調味料、缶詰、パン、冷凍食品、野菜など沢山の食品をお持ち帰りいただきました。リサイクルコーナーには衣類やおもちゃなどが並び、目移りしながらも楽しそうに選ばれていたのが印象的でした。

新しいボランティアさん2名をお迎えしましたが、今後も是非続けたいとおっしゃっていただくことが出来ました。

「こよりどうカフェ」のスタッフの方にも今日はカフェコーナーで親御さんやお子さんの話し相手になっていただき、日頃人には話せないようなお話にまで親身になって耳を傾けていただきました。場所の提供のみならずサポートまでしていただき本当にありがとうございました。

また今日はイベントとしてカラーセラピストみこころんさんの「カラー診断」を行いました。色を用いて潜在意識にアクセスして心の癒しと新しい自分の発見を行うものです。参加された親御さんの中には悩みや不安を沢山抱え一杯一杯で生きておられる方がいらして、悩みを話せたこと聴いていただけたことにとても感謝されてお帰りになりました。

私どもとしてもそのようにお役に立てたことを大変嬉しく思うことが出来ました。
どうしたら人のお役に立てるのか?どうしたら寄り添うことが出来るのか?常に考え続けて行きたいと思いました。

沢山の食品が並んだテーブル

いろいろなパンが選べるテーブル

大きなバナナと野菜が入ったケース

2024年度1月度・戸塚区2の支援活動

1月28日(日)のフードパントリーは、9月以来久々に「こまちカフェ」にて開催し、19家族お子さん13名の参加をいただきました。 

テーブルには農水省交付の備蓄米、冷凍品、パスタ、防災備蓄用ご飯、缶詰、飲料、お菓子、カップめん、パスタソース、戸塚区にあるしらかば幼稚園様が持ち込んでくださいました立派な葉付き大根のほか、パンやパイン、バナナなどが並び好評のうちに提供することができました。 

奥の部屋では「こまちカフェ」スタッフさんから提供いただいた衣料品が綺麗に展示され、親御さんは熱心にお気に入りを選びながらスタッフさんと会話が弾んでいました。
また、1月はお菓子の掴み取り企画があり、子どもさんが大喜びでお菓子をビニール袋に大事そうに詰め込んでいました。
さらに、Kさんは子どもさんの見守りと遊び相手になっていただき、おはじきのゲームに虜になったお子さんがその場をしばらく離れないなど楽しい時間を過ごしたようです。

また、アクティブシニアマッチング事業の説明会で浜っ子南に関心をお持ちいただいたKさんとOさんのお二人が、これからの活動の参考にするため見学に来られ、熱心に説明を受け会場の様子などをご覧いただきました。 

本日もこまちカフェのスタッフの皆様のご支援や多くの方のご寄付で参加者の方に喜んでいただき開催できました。多くの関わっていただきました皆様に心より感謝申し上げます。

お米、冷凍食品他が並んだテーブル

沢山のなかから選べるパンコーナー

新鮮な葉付き大根

2023年度12月度・戸塚区2の支援活動

12月24日(日)開催の「こよりどうカフェ」の会場には18家族、15名のお子さんが参加されました。
受付後クリスマスプレゼントの本とお菓子をお子さんにお渡ししました。このプレゼントの企画をする「NPO法人チャリティサンタ」が、全国の支援者に呼び掛けて準備くださったものです。ひとりひとりの支援者が本を選び、その団体が準備くださった想いを私たちが直接お子さん達にお繋することが出来ました。 

そして年末年始を控えて、たくさんの食品も準備することが出来ました。お米、パン、お正月のお餅や、果物、お菓子、加工食品、冷凍食品まで。重くて持ち帰りが心配になりましたが、皆さまベビーカーや自転車でお帰りになりました。まだ乳幼児を抱いたお母様はベビーカーをご利用でしたが、バスの乗り降りでとても苦労されるとの事。どなたか、その時にお手伝いくださいますように、と祈るような気持ちでお帰りになる後姿をお見送りしました。 

食品のご寄付にも沢山の支援者の協力をいただいています。毎回、野菜を寄贈くださる戸塚のN農園様は、当日の朝に愛川町の畑まで往復2時間半かけてブロッコリーなどを収穫して来てくださいました。そして会場では、いつもみんな楽しみにしている飲み物を準備くださる「こよりどうカフェ」のスタッフの皆さま、それを協賛くださっているY様。それ以外にもたくさんのご支援者、ボランティアのスタッフに支えられて、今年最後のフードパントリーを終了することが出来ました。 

全てのご支援者、ご利用者の皆さまに感謝申し上げ、良いお正月をお迎えになりますようお祈りしております。そして、来年もこの活動を通じて、温かい輪が広げられますよう、どうぞよろしくお願いいたします。

会場全体の配置の様子

沢山のパンが並んだコーナー

珍しい品種の赤じゃがいも(アンデスレッド)

2023年度11月度・戸塚区2の支援活動

11月26日()フードパントリーを「こよりどうカフェ」で開催し、19家族お子さん12名の参加をいただきました。どんよりとした曇り空で肌寒い気候でしたが、幸いにも雨には降られず開催できたことは良かったです。 

今日並べられた食品はお米、発芽米、蜂蜜、レトルトご飯、アルファ米、クリームシチュー、缶詰、ウィシュボンお菓子、湘南中村農園様ご寄付の大根・人参・わさび菜の他、冷凍食品、油揚げなど盛りだくさんの食品が並びました。

部屋の奥には「キラキラボトル」製作コーナーがあり、「香蓮」T様とお嬢様(小4)から皆さんに教えていただきました。小さな瓶にお好みのキラキラの粉末を入れ、魔法の液体を詰め込んで良く振ると、何と素晴らしい可愛い装飾品ができるというものです。
お子さん達も熱心にキラキラボトルづくりを楽しんでいました。

その隣の遊びコーナーでは、見守りボランティアのKさんを相手に、手作りゲームに熱中するお子さんの姿がありました。

さらに、こよりどうカフェのスタッフの方々による、ほっと一息つける美味しい飲み物や素敵な衣類の提供がありました。皆さん時間をかけて楽しんで選んでいらっしゃいました。フードパントリーでのゆったりとした時間が流れていき、皆さんその流れに身を任せているようです。 

来月はクリスマスがやってきます。お子さんや親御さんも楽しみにしていることと思います。皆様のご支援をいただき、浜っ子南のイベントでも楽しいクリスマスを迎えたいと思います。

今日もこよりどうカフェ様、善了寺様など多くの方のご寄付とご支援をいただきフードパントリーを実施することができました。本当にありがとうございました。

食品・飲料のテーブル

菓子類のテーブル

お茶を楽しむ参加の方々

2023年度10月度・戸塚区2の支援活動

10月22日(日)戸塚区2フードパントリーをこよりどうカフェで開催しました。参加者は16家族お子さんは10名でした。

いつもは南区でフードパントリーのボランティアをしていますが、今日はこよりどうカフェに初めて参加しました。

素敵な造りのオシャレな雰囲気の会場に、沢山の配布品が運び込まれ、全部置けるのか心配でしたが、限られたスペースに皆さん手際良く並べて、あっと言う間に準備が出来ていました。
初めてお会いしたスタッフ、ボランティアの方々や利用者さんとも新たな出会いが出来ました。

ダンス教室スマイリンクの濱先生をお招きしてミニ体験があり、音楽に合わせたチビッ子ダンスはとても可愛く上手で、楽しく拝見していました。

今度はカフェがオープンしている日に、是非ランチを食べに行きたいと思います。

皆様、お疲れ様でした。(J.F

多数の食品が並んだテーブル

大量のパンと青果を準備する様子

ダンス教室ミニ体験のお子さん

2023年度9月度・戸塚区2の支援活動

9月24日(日)フードパントリーをこまちカフェにて実施しました。参加されたご家族は16組、お子さん12名でした。

定番のお米に加えて、サラダ油、パスタ、スポーツドリンク、選べる食品や菓子、冷凍食品などが提供されました。また新生食品様から提供された油揚げやコストコ様からのパン類と果物、野菜など多種類に渡ってご好評のうちに提供することができました。

こまちカフェスタッフさんから提供のあった衣料品や日用品、おもちゃなども好評で、皆さんお気に入りを選びながら会話がはずみました。ふわふわのモールでかわいい犬マスコットをつくるモールアート体験もありました。Kさんがお子さんの見守り、遊び相手になってくださり、お子さんのお遊びルームは非常ににぎやかでした。

Oさんがたくさんの雑貨、生活用品の寄付をお持ちくださいました。久々に会場の様子をご覧になり「ひとり親さんたちとスタッフのコミュニティができていて、安心していられる雰囲気ですね。」と感想をいただきました。

こまちカフェ会場恒例のドリンクサービスも非常に喜んでいただけました。提供いただいているYさんに心からお礼申し上げます。

多種類の食品が並べられたコーナー

衣料品や靴、生活雑貨類のコーナー

モールアート体験の様子

2023年度8月度・戸塚区2の支援活動

8月27日()「こよりどうカフェ」でフードパントリーを開催し、18家族子どもさん13名の参加をいただきました。
午前中は時折激しい雷雨が見られ、参加者の皆さんが無事に来られるか心配しておりましたが、無事に来られたようで良かったです。 

「こよりどうカフェ」での時間は今日の雲の動きと異なり、ゆっくり流れます。こよりどう内の黒漆喰の趣は時間を止めているような雰囲気をかもし出しているようで、こよりどうスタッフの方や浜っ子南のボランティアも参加者の方にゆったりとした気持ちで接しているようでした。

今日は3名の方が会場でキーボード、ギター、ドラムの生演奏をしてくださいました。会場の雰囲気がとても和みました。またKさんが子どもたちの相手をしてくださるおかげで、親御さんにはゆっくりと美味しいドリンクを召し上がっていただくことができました。
本日の食品にはコストコ様からのパンの大きな袋が、並べきれないほど皆さんに提供できました。コストコ様からのご寄付は初めてですが、これからも参加者の皆様に喜ばれる日々が続くのではと思います。

その他にも、お米2袋、選べる食品、いつものヤマザキパン、戸塚のパン屋さんの美味しいパン、冷凍食品、油揚げなども並び参加者の方には重くて持ちきれないほどの量があり、お帰りの際には「お気をつけて…」と、つい声をかけてしまいます。

本日は、港南区のJ.M様は会場までご寄付をお持ちいただきました。また、本堂の善了寺のご住職様からたくさんのお菓子とお米を寄付いただきました。

「こよりどうカフェ」スタッフの皆さまからの優しいお声かけや生演奏の素敵な音楽、浜っ子南のボランティアとの楽しい会話の中で過ごしていただくひと時が皆さんのお気持ちに浸み込んだような思いがいたしました。

関係者の皆様、本日も大変ありがとうございました。皆様の暖かい気持ちを忘れず今後もこうした活動を続けていきたいと思います。今後とも宜しくお願いいたします。

食品が並んだテーブル

コストコ様ご寄付の大量のパン類

会場での生演奏の様子

2023年度7月度・戸塚区2の支援活動

7月23日()「こよりどうカフェ」でフードパントリーを開催しました。参加ご家族は18家族。乳幼児から小学校低学年までの子どもさんたち10名も一緒にお出でくださいました。「こよりどうカフェ」は善了寺境内にあるお堂を感じさせる素敵なたたずまいのカフェで、今回で3回目の開催となります。 

本日は真夏を思わせる強い日差しの中を皆さまには足を運んでいただきましたが、カフェの中は木と土壁に包まれた静かな空間で、ゆっくりとした時を過ごしていただきました。

本日は横浜保育福祉専門学校の学生さん4名がボランティアに参加いただき、食品の包装作業や子どもさん達のお相手を熱心に対応いただきました。

「こよりどうカフェ」のスタッフの皆さまは、フレッシュなフルーツがたくさん入ったノンアルコールのサングリアをはじめとして、バリエーション豊かな飲料メニューを準備して、ご利用者の皆さまに心のこもったおもてなしをしてくださいました。いつも子供さんのお相手をして下るKさん、こより堂スタッフのお友達のご家族も一緒になって、日曜日の午後のひと時を、楽しい会話とおいしい飲み物とでご一緒に過ごしていただきました。 

テーブルに並んだ食品はお米、パン、お菓子、冷凍食品、ニンニクやジャガイモ、油揚げなどなど。そのテーブルの奥には日用品や衣類、雑貨も並びました。本日初めて来場された方には、最初にスタッフがご説明と併せてお話をお聞かせ願い、その後に会場の食品をピックアップしながらテーブルを回っていただきましたが、スタッフと会話しながら、とても明るい表情でパントリーを楽しんで下さったご様子でした。その表情を拝見することが出来て、スタッフ一同も大変うれしく、やりがいを感じることが出来ました。 

このようなパントリーが開催できますのは沢山のご支援を下さる寄付者の皆さまや、協力くださる方々のおかげです。本日は善了寺様からもたくさんのお菓子をおすそ分けいただきました。横浜保育福祉専門学校の学生さんが校内募金いただいた寄付金も頂戴しました。同校では、エントランス、エレベーター、各フロアの掲示板に弊会の活動の掲示と募金の呼びかけを年間を通じて行っていただいております。

又、この会場でのパントリーでご支援をいただいております「こよりどうカフェ」スタッフの皆様、有限会社HEART.COM様には年間を通じて協賛をいただいております。私たちスタッフも皆さまと一緒に活動をさせていただいていることに、勇気と希望をいただいております。誠にありがとうございます。たくさんの方からのご支援でパントリーが開催できますことに心より感謝申し上げます。

学生ボランティアによる準備作業

パンと野菜のテーブル

衣料品と雑貨のコーナー

2023年度6月度・戸塚区2の支援活動

625()「こよりどうカフェ」にてフードパントリーを開催しました。参加されたご家族は20家族お子さんは17名でした。戸塚駅東口近くの善了寺さんの境内にある「こよりどうカフェ」での開催は2回目になります。

両側のテーブルにはお米、レトルトご飯、パン、選べる食品、冷凍食品、油揚げなど並びました。奥には日用品のほか、カフェスタッフさんご寄付の衣類や雑貨が並びました。
湘南中村農園様から届けていただいた採れたてのズッキーニは好評で、「子供が大好きなんです!」と笑顔で受け取られる方もおられました。 

遊びコーナーでは今日もKさんが子どもたちの遊び相手をしてくださり、元気いっぱいに遊ぶお子さんたちの声が響きます。お子さんの様子を見ながらお母さんたちはテーブでお好きなドリンクを楽しみ、会話が弾んでいます。

こんな「こよりどうカフェ」の会場らしいスタイルがだんだんと出来てきました。

来場される方は様々な困難を抱えておられます。ご相談があるとスタッフは一緒に考えたり、少しでもお力になれたらと真剣にお悩み事をお聞きしておりますが、やはり私たちにできることは食の支援で応援することです。

今月に入りお米が不足しているため、お米の緊急支援をお願いしておりますが、すぐにたくさんの企業様、個人の方からご寄付のご連絡をいただきました。皆様からのご支援で食品の提供を継続することができます。皆さまのお気持ちに心から感謝申し上げす。

今日は、E様のご見学をいただきました。善了寺様からはお菓子を、Y様からはお米のご寄付をいただきました。衣類や日用品をご寄付いただき、運営のサポートもご協力いただいた「こよりどうカフェ」スタッフの皆様、ありがとうございます。

たくさんの方からのご支援でパントリーが開催できますことに心より感謝申し上げす。

お米と食品が並んだテーブル

日用品と文具などが並んだテーブル

リサイクル衣料品のコーナー

2023年度5月度・戸塚区2の支援活動

戸塚区2フードパントリーは5月から「こよりどうカフェ」に会場を移し、28日(日)、20家族14人のお子さんに参加いただき開催しました。

戸塚駅東口近くの善了寺さんの境内に、無垢の木材や土壁など自然素材を使って建てられたお堂があります。普段は町の人たちで賑わう「こよりどうカフェ」です。境内の紫陽花に見とれながら靴を脱いで中に入ると、両側のテーブルにはお米、パスタ、レトルト食品やお菓子、パン、選べる食品、冷凍食品、油揚げ。奥には絵本や日用品のほか、戸塚区社会福祉協議会様からいただいたコスメセット、カフェスタッフさんご寄付の衣類が並んでいます。
遊びコーナーではKさんが子どもたちの遊び相手をしてくださり、お母さんたちはテーブルでお好きなドリンクを飲みながら会話が弾んでいます。ゆっくり衣類を選ぶ方、ボランティアのおすすめの服に着替えて嬉しそうな方、自然に包まれた空間で心がほぐれるひと時です。

素敵な会場を提供いただき運営のサポートをいただいている「こよりどうカフェ」スタッフの皆様、ありがとうございます。
今日は、地域交流施設ONE FOR ALL横浜を運営している株式会社横浜メディカルケアのM様が視察に見え、日本KFCホールディングスのM様もおいでいただきました。また株式会社ジェイコム湘南・神奈川南横浜局に取材いただきました。

ほっこりと笑顔で帰られる参加者を見送りながら、多くの皆様のご支援に心から感謝の一日でした。

善了寺様参道を通る参加者

新会場となったこよりどう入口

会場準備に忙しいスタッフ

2023年度4月度・戸塚区2の支援活動

4月23日(日)こまちカフェにて戸塚区2パントリーを実施しました。参加されたご家族は20家族お子さんは20名でした。

お配りした品物は、お米、焼肉のタレ、袋ラーメンの他、食品や菓子類と飲料など5種類を選べる食品としてお配りする事が出来ました。

また、こまちカフェさんから恒例のドリンクサービスに加えて、ご提供いただいた沢山の衣類も配布する事が出来ました。Hさん親子がボランティアに参加してくださいました。ドリンクを飲みながらHさんを囲んで当事者同士のお話をする姿がありました。

いつもお子さんの多い戸塚区2パントリーではありますが、今回は特に多勢のお子さんに参加頂き、遊びコーナーは大盛況でした。今回もお子さん達の相手をして下さったKさん、ありがとうございました。

会場にご寄付をお持ちくださったYご夫妻、K様、お菓子の差し入れをいただいたY様、ありがとうございました。

ご来場された皆さん、お子さん達、こまちカフェの方々、そしてスタッフも、この日の午後の晴れ間の様に明るく楽しくパントリーを行う事が出来ました。

お米と食品のテーブル

食器や日用品のテーブル

綺麗に並べられた衣料品

お問い合わせ